活地鶏専門「かしわの川中」 近江しゃも、名古屋コーチン、淡海地鶏などの地鶏肉を産直販売

活地鶏専門 生産直売 かしわの川中
活地鶏専門 かしわの川中

地鶏料理レシピ

地鶏とり鍋

地鶏とり鍋

あっさりしながらも、鶏の旨みの効いたスープが魅力の「地鶏とり鍋」は、活地鶏専門「かしわの川中」のオリジナル鍋です。自家製の無添加「とり鍋スープ」と「味付ミンチ」を使い、最高の状態に仕上げたスープでいただく地鶏は、いくらでも食べられます。

材料

材料<1>

<1>あしらい(野菜類)を用意します。(例)
白ねぎ、水菜、舞茸、笹がき牛蒡、えのき、シメジ、うすあげ、うどんを用意します。
※うすあげは、うどん状に切るのがベスト。

材料<2>

<2>味付ミンチは、「とり鍋」の必需品。
スープに更なる旨みをプラスしながらも、食べても個性を主張します。
ソフトな中のキラリと光る軟骨の食感がグッド。

材料<3>

<3>地鶏肉を用意します。
とり鍋のお肉は、歯ごたえのある雄、脂がのって柔らかめの雌、お好みでお選びください。

ページトップ

作り方

作り方<1>

<1>土鍋に「とり鍋スープ」を入れます。
「とり鍋スープ」(400cc)を全量、土鍋に入れて水を4カップ(800cc)足し、蓋をして火をつけます。

作り方<2>

<2>味付ミンチを入れます。
煮立ってきたところへ、「味付ミンチ」をスプーンを使って落とします。
地鶏の赤身(もも肉)も入れます。

作り方<3>

<3>あしらいを適宜入れます。
あしらいを順次入れて蓋をします。

作り方<4>

<4>はい、出来上がり。
再び煮立ったところでスープと共にいただきます。
特に、地鶏の白身(むね・ささみ)は、炊きながら「しゃぶしゃぶ」風にして、いただきます。

ページトップ
店主のちょっと一言
スープは、最初「少し薄いかな?」と思うぐらいがちょうどいい。
どんどん野菜類の旨みが溶け込んで、食が進んで気がついてみれば鍋は、空っぽ。
それでいて後味すっきり、喉が乾いて水をガブガブ何てことも無い・・
これがスープ鍋の理想?!
先ずは、お試しください・・・
店主のちょっと一言
ページトップ
ページトップ