活地鶏専門「かしわの川中」 近江しゃも、名古屋コーチン、淡海地鶏などの地鶏肉を産直販売

活地鶏専門 生産直売 かしわの川中
活地鶏専門 かしわの川中

地鶏料理レシピ

ローストチキンの食べ方(解体法)

作り方

  • 作り方<1>
    <1>
    こんがり、いい色に焼けたローストチキン・・
    写真のように①~④まで、番号順にナイフと手で切り分け、解体していきます。
  • 作り方<2>
    <2>
    順序①もも肉を外します。
    もも肉(足)の付根に沿ってナイフを入れます。
  • 作り方<3>
    <3>
    写真のように手で、カパッともも肉(足)を開けます。
  • 作り方<4>
    <4>
    胴体ともも肉(足)は、関節でつながっているだけですので、少しナイフを入れると簡単に外れます。
  • 作り方<5>
    <5>
    もう一方のもも肉(足)も同様に外します。
  • 作り方<6>
    <6>
    順序②むね肉とささみを外します。
    中心は、骨ですので少しずらして、骨に沿ってナイフを入れます。
  • 作り方<7>
    <7>
    ナイフを入れた痕に沿って、親指入れて広げるように外していきます。むね肉とささみが同時に外れます。
  • 作り方<8>
    <8>
    むね肉とささみを外した状態です。じじくさいようですが大丈夫・・あとできれいに掃除します。
  • 作り方<9>
    <9>
    反対側のむね肉とささみも同様に外します。
  • 作り方<10>
    <10>
    むね肉とささみを外し終わった状態です。
    胸骨が露わにみえます。白いとがった部分が「やげん」と呼ばれる軟骨です。もちろん食べれます。
  • 作り方<11>
    <11>
    順序③Vの字になった「まつば」と呼ばれる、鎖骨部分を引き剥がします。
  • 作り方<12>
    <12>
    順序④手羽の付根(手羽元)の関節部分に沿ってナイフを入れます。
  • 作り方<13>
    <13>
    もう一方の手羽元も外して、解体はほぼ完了です。
  • 作り方<14>
    <14>
    骨には、まだ沢山の身や皮が残っています。
    とにかく食べられそうなところは手でむしりとってください。ぼんじり(三角)や背肝(胴骨の裏)を取るのも忘れずに・・
  • 作り方<15>
    <15>
    こんなに沢山取れました。
  • 作り方<16>
    <16>
    写真が1羽分すべてです。
    あとは食べるだけ!そのまま食べるのが一番ですが、塩や醤油、ポン酢などいろんな食べ方、試してください。
  • 作り方<17>
    <17>
    ここからは、「激旨!地鶏スープ」の作り方です。
    残った骨すべてを鍋に入れます。骨は、できるだけ潰しておきます。
  • 作り方<18>
    <18>
    適当に水を入れて、強火にかけます。
    水を入れただけでも・・・もうスープになりかけてます。
  • 作り方<19>
    <19>
    沸騰してから20~30分で「激旨!地鶏スープ」の出来上がりです。
    程よく塩味が効いて、さっぱりした、ほんとに美味しいスープです。
  • 作り方<20>
    <20>
    「激旨!地鶏スープ」の使い方 その1
    少し塩を足して、そのままお飲み下さい。お好みでねぎ、生姜を入れたり、胡椒を振っても美味しいです。
  • 作り方<21>
    <21>
    「激旨!地鶏スープ」の使い方 その2
    奄美大島「鶏飯」風スープ茶漬け
    熱い御飯の上に塩昆布・裂いたローストチキン・刻みねぎ・刻み海苔・あれば陳皮などをトッピング・・熱いスープをかければ出来上がり♪
ページトップ
ページトップ