活地鶏専門「かしわの川中」 近江しゃも、名古屋コーチン、淡海地鶏などの地鶏肉を産直販売

活地鶏専門 生産直売 かしわの川中
活地鶏専門 かしわの川中

地鶏料理レシピ

地鶏ねぎ塩(陶板焼)

作り方

  • 作り方<1>
    <1>
    当店の「地鶏ねぎ塩」は、天然塩、胡椒、(にんにく)で最小限の味付けをしていますので、ただ焼くだけ、何もつけずに食べます。
  • 作り方<2>
    <2>
    予熱した陶板をカセットコンロへ。ガスコンロであらかじめ熱した陶板をカセットコンロに移します。
    熱いですから持つときは、気をつけて・・・
  • 作り方<3>
    <3>
    焼きだします。
    薄く脂を引くか、もも肉などの皮の多い部分(脂の多い)から焼き始めます。
    火力は、中火か弱火で十分です。
  • 作り方<4>
    <4>
    むね肉など順次乗せます。
    表面に焼き色が付いたぐらいがベストです。
    「中まで火が通ってない?」鮮度がいいから大丈夫・・食べごろです。
  • 作り方<5>
    <5>
    食べるだけ・・・・
    旨いですよ・・・
    焼き具合を見ながら、付けたり、消したり・・
  • 作り方<6>
    <6>
    こんな感じが焼き上がりです。
    ホットプレートやフライパンでも同様です。
  • 作り方<7>
    <7>
    陶板のお手入れ。
    焦げ付きは、たわし(金属はダメ)でゴシゴシ。
    熱いまま水を掛けても大丈夫、割れません。
  • 作り方<8>
    <8>
    七輪で炭火焼。
    室内で許される方は、七輪炭火焼がやっぱりいいです。
    脂が落ちて、油煙となって・・・
    最高です。
店主のちょっと一言
焼肉をホットプレートで満足されている方・・陶板を一度使ってみてください。焦げ付いたりしますけど、それも一興・・美味しさにびっくりしますよ。

「かしわの川中」の陶板は、信楽焼陶芸作家中川睦さんへの特別注文のオリジナル、何処にも無い商品です。
店主のちょっと一言
ページトップ
ページトップ