活地鶏専門「かしわの川中」 近江しゃも、名古屋コーチン、淡海地鶏などの地鶏肉を産直販売

活地鶏専門 生産直売 かしわの川中
活地鶏専門 かしわの川中

地鶏料理レシピ

博多風地鶏水炊き

博多風地鶏水炊き

博多水炊きについて「博多煮」とも呼ばれ、鶏がらを長時間煮込んだ、乳白色の濃厚なスープが特徴で、鶏の骨付きぶつ切りを煮込んで、ポン酢でいただく、代表的な鶏の鍋物料理。
ここでは、活地鶏専門「かしわの川中」流、博多風地鶏水炊きの作り方を紹介します。
煮立った濃厚な鶏がらスープに骨なしの地鶏をさっとくぐらす程度でポン酢または、塩でいただくもので、新鮮な地鶏肉をしゃぶしゃぶ風にすることで、地鶏本来の味、風味、ジューシーさと絡み合った濃厚スープの旨さを一度に楽しむことが出来ます。

材料

材料<1>

<1>あしらい(野菜類)を用意します。
白菜・菊菜・えのき・舞茸・マロニー・豆腐など。

材料<2>

<2>当店おすすめの「博多風水炊きセット」
地鶏肉・味付けミンチ・とりがらスープ・ポン酢がセットになっております。

また、お好みで、締めのうどんや御飯などを用意します。
煮込み用うどん・御飯・だし醤油・刻みねぎ・鰹節・炒り胡麻・おろし生姜・海苔・塩・玉子など。

作り方

作り方<1>

<1>土鍋にとりがらスープ3袋(600cc)全部いれます。
2~3人前用の土鍋を標準としているので、4~5人前の土鍋では、あと1~2袋ほしいところです。

作り方<2>

<2>水を2~3カップ足して、ダシ昆布を入れて、火をつけます。
好みによりますが、加える水は、1.5~2倍とし、葱、生姜を適宜入れると、さっぱりした、キレのあるスープになります。

作り方<3>

<3>煮立ってきたら、味付けミンチをスプーンで落としていきます。
さらに、いいダシが出るので、たくさんめに味付けミンチを入れるのが、ポイントです。

作り方<4>

<4>再び、煮立つのを待ちます。
昆布は、取り出し、浮いてくるアクは、適宜取り除きます。

作り方<5>

<5>野菜類を適宜いれて、蓋をします。
地鶏肉(白身以外)を入れる場合は、煮すぎないよう最後に入れます。

作り方<6>

<6>再び煮立ったら出来上がりです。ポン酢または、天然塩でいただきます。地鶏肉(特に白身)は、スープにさっとくぐらす程度(鮮度がいいから中は、生で大丈夫)で・・

作り方<7>

<7>雑炊までいかれる方へ・・おすすめの食べ方
煮込んだうどん(腰のあるさぬきなど)を碗にとって(スープは、入れない)、醤油(香りのよい生醤油がおすすめ)をかけ、たっぷりの鰹節、刻み葱好みで卵黄をのせ、よくまぜていただきます。

鶏雑炊の作り方

鶏雑炊の作り方<1>

<1>材料を準備します。
御飯・生卵(5,6個)・刻みねぎ・海苔・ポン酢・塩。

鶏雑炊の作り方<2>

<2>残った具は、全部取り除いて、スープが少しかぶる程度に御飯をいれて、ポン酢か塩で薄味をつけ、写真のようにくつくつとなったら火を止めます。ここからの作業は、スピーディに・・

鶏雑炊の作り方<3>

<3>溶き玉子は、2回に分けて・・まずは、半分強御飯に混ぜます。
すぐさま、残りを全体に流し込んで、蓋をします。出来上がりに、とろみを残す、残さないは、お好みで溶き玉子の分量調整をします。
火を止めた作業ですのでここは、素早く!

鶏雑炊の作り方<4>

<4>待つこと3分・・・辛抱です。
もちろんここは、火を止めて「むらし」の状態です。

鶏雑炊の作り方<5>

<5>きざみ葱と味付け海苔をちらして、さあ、出来上がり。
地鶏「鶏雑炊」の完成です・・・!

ページトップ
ページトップ