活地鶏専門「かしわの川中」 近江しゃも、名古屋コーチン、淡海地鶏などの地鶏肉を産直販売

活地鶏専門 生産直売 かしわの川中
活地鶏専門 かしわの川中

現在飼育中の地鶏

淡海地鶏

淡海地鶏は、フランス原産の地鶏と日本在来鶏種であるロードアイランドレッドから生まれたF1で、気性はけっこう激しく、身軽で強靭な肉体?の持ち主。
容姿的には、特に雌は真っ黒の羽毛(首から胸にかけて白や茶色が混じるもの有)、鉛色の脚が特徴。
淡海地鶏の淡海(たんかい)の由来は、地元堅田出身の喜劇役者「志賀廼家淡海(しがのやたんかい)にあやかり命名しました。JR堅田駅前には、松竹新喜劇藤山寛美贈の志賀廼家淡海の碑があります。

淡海地鶏(たんかいじどり)に対するこだわり

「毎日でも食べられる癖の無い旨い脂と適度な歯ごたえ」がモットーの淡海地鶏に仕上げるため飼育期間を平均120日とすることで、雌は脂が乗り、卵を産み始め雌らしく、雄は肉が締まって雄らしくなります。
とうもろこし主体の良質飼料に海老粉などを加えることで癖の無い旨い脂となります。
さらに、雌雄比率をハーレム状態にすることでストレスのかかりにくい環境を造っています。

淡海地鶏(たんかいじどり)の肉質について

  • ■肉質
    <雄>雌に比べて肉の弾力歯ごたえがあり、脂は少ない。もも・むねの大きさは雌の約1.5倍。
    <雌>もも肉は黄色い脂が良く乗っていて適度な歯ごたえ、むね肉は繊維の細さとしっとり感が特筆。
  • ■飼育日数
    115日齢~125日齢(平均120日齢)を基準としております。

淡海地鶏 雄♂のもも肉とむね肉(120日齢)

淡海地鶏 雌♀のもも肉とむね肉(120日齢)

淡海地鶏(たんかいじどり)の味について

見た目より、はるかにサッパリした旨い脂と肉の味の濃さが特徴。

<おすすめ料理例> 
いろんな料理にお使いください。

ページトップ
ページトップ